お客様の声

現在地 > トップページ > スタッフブログ > ☆倉庫内の設備解体工事☆

お客様の声

☆倉庫内の設備解体工事☆

更新:2014年01月23日

こんにちは。営業の高橋です。

 

本日は家屋解体ではなく、倉庫内の機械式立体倉庫という鉄製構造物の解体現場へ

いってきました。

DSC07141

DSC07144

当初は

①倉庫内での作業であること

②高所作業が含まれること

③金属製の設備のみの撤去であること

とのことから火を使った酸素溶断が無難な方法かと思いましたが、

施主様の「低価格」+「短期間」という意向もあり、別な方法でできないかと

考えました。

手作業だけでは日にちがかかる上、作業員が多く必要で高所作業車のリース費用など

もかかる為コストが高くなってしまいます。

どうすれば短期間で安くできるだろうと考えた結果、重機の使用を判断しました。

倉庫の開口部も小さかったのですが、重機と開口部の計測の結果、なんとか入れそうでした。

DSC07151

DSC07154

DSC07155

計算通り入りました。

一度入ってしまえば、後は建物に傷つけないように注意しながら、重機に取り付けた

鉄骨カッターで細かく解体していくだけです。

DSC07157

細かい部分は人力で酸素溶断をします。

DSC07150

安全第一で頑張ります!!

それではまた。

 

 


コンテンツメニュー
住宅解体
解体工事の流れ
解体工事会社の選び方
解体工事の費用について
5つのお約束
プチ解体
よくある質問
外構・エクステリアリフォーム
不用品回収
スタッフ紹介
施工事例集
お客様の声
無料相談フォーム
無料お見積りフォーム
会社概要
リンクページ
ミカドの住宅解体
解体のことならなんでも“ミカドの住宅解体”にお任せ
キャラクター 無料お見積り、ご相談はコチラ
こんな場合でも頼めるの?解体アドバイザーがベストな対応をご提案します。
いくらになるか知りたい!無料お見積もりはコチラ
  • お問い合わせはお気軽にどうぞ! 受付時間平日9:00~17:00 0120-025-325
  • お問い合わせフォーム
  • お見積り依頼フォーム
icon ページ先頭へ
ミカドの住宅解体
解体のことならなんでも“ミカドの住宅解体”にお任せ!
〒983-0005 宮城県仙台市宮城野区福室1丁目6番14号
Copyright (C) 2012 Mikado Kinzoku All Rights, Reserved.,